キャビスパ360格安情報

キャビスパ360とキャビスパRFコアの比較について

ヤーマンの美容家電は種類がたくさんあります。

説明文

同じキャビテーションを搭載したものでも
用途や使い方、または使える部位なども違います。

悩みに応じて自分に適したものを選びたいですよね。

口コミなどの情報を見てみると
ボディを引き締めたい方、
また部分的に細くなりたい方に
おすすめのようです。

ヤーマンのキャビテーション機器は

・ヤーマンのキャビスパ360
・キャビスパRFコア
・キャビスパRFコアEX

の3種類です。

3つの機種の大きな違いは形とラジオ波とバストケアです。

このページではキャビスパ360とキャビスパRFコアについて比べています。

バストケア機能の付いたキャビスパRFコアEXについてはこちらを参考にしてみて下さい。
>>キャビスパRFコアEXの使い方、バストを正しい位置へ持ち上げるバストモードとは?


それではキャビスパ360とキャビスパRFコアEXについて
・搭載されている機能
・それぞれの使い方
・メリット、デメリット
・どの機種がどのような方におおすすめなのか


についてご紹介します。

>>ヤーマンのキャビスパシリーズのページはこちら
>>キャビスパ360は顔だけじゃない全身丸ごと健康美?

キャビスパ360をキャビスパRFコアと比較、それぞれの特徴は?

説明文


■キャビスパRFコアの特徴

・RF(ラジオ波)
肌の奥深くから温めてハリや弾力のある肌へ導いてくれます。

・キャビテーション
固くなってしまったお肉を超音波の振動で柔らかくしてくれるケアです。
気になる部分のお肉も効率的にアプローチします。

・EMS
微弱な電流を外部から当てて筋肉を振動させます。
無理なくエネルギーを消費することができるので
気になる部分だけを効率的にスリムにしてくれます。

■キャビスパ360の特徴

・キャビテーション
・EMS
・スライドドレナージュ


スライドドレナージュはエステティシャンの手技を再現しています。
筋膜や筋肉のこわばりにアプローチします。

キャビスパ360との違いはラジオ波機能が付いているところです。

ラジオ波は肌の奥の細胞から温めてくれる機能で
ハリ弾力のある肌へ導いてくれます。

お肌のコラーゲン生成にも役立つ機能です。

>>ヤーマンのキャビスパシリーズのページはこちら
>>キャビスパ360は顔だけじゃない全身丸ごと健康美?

キャビスパ360をキャビスパRFコアと比較、キャビスパRFコアのRF(ラジオ波)ってどんなの?

キャビスパ360との大きな違いはRF(ラジオ波)がついていることですね。

キャビスパRFコアのRF(ラジオ波)についてもう少し詳しく見てみましょう。

説明文


キャビスパRFコアのRF(ラジオ波)は 1MHz、

電極部分が2重リングでサークル型のため
広範囲にお肌に当てることができます。

だから効率的にお肌の奥から温めて
ハリ、弾力のあるお肌に導きます。

また電極部分の突起は肌を押し流してくれるので
エステサロンと変わらない本格的なケアを叶えることができます。

>>ヤーマンのキャビスパシリーズのページはこちら
>>キャビスパ360は顔だけじゃない全身丸ごと健康美?

キャビスパ360をキャビスパRFコアと比較、背中や太ももの裏側のケアはどちらがおすすめ?

説明文

キャビスパRFコアの形や使い方はについて調べてみると
背中や太ももの裏側のケアはキャビスパ360のほうが使いやすいようです。

理由はキャビスパ360のスティック状の形に秘密があるようです。

■キャビスパRFコアの形
キャビスパRFコアの形は
まぁるい形をしています。
人差し指と中指で挟んで握り、手の動きに合わせて無理なく動かすことができます。

キャビスパ360はスティックタイプなので形はかなり違いますね。

■ボタンの操作
キャビスパRFコアの電源はパワーボタンを長押しすることで
ON,OFFが切り替わります。

それぞれのモードはそれぞれのモードを短押しすることで切り替わります。

キャビスパ360の操作ボタンも同じような操作ですね。
ボタンに関してはあまり変わりないようです。

■レベル調整
RFの出力レベルは3段階
EMSは6段階で選択できます。

キャビスパ360のレベル操作はEMSが5段階です。
RF機能はありません。

■安全機能
キャビスパRFコアには安全機能が付いています。

電源をオンにした状態で10分経過すると自動的に電源が
切れます。

また本体が高温になると温度センサーが働いて
自動で電源がオフになります。

キャビスパ360には安全機能はついていません。

■キャビスパRFコアのモード
キャビスパRFコアのモードは2種類です。
・フェイスモード
・ボディモード


ラジオ波とEMSを組み合わせて効率的にボディとお顔のケアができます。

■キャビスパRFコアが使える部位
キャビスパRFコアは顔とボディです。

どちらの機種もバストケアはできないようですね。

■防水でお風呂でも使用可
キャビスパRFコアはキャビスパ360同様防なのでお風呂の中で使用することもできます。

キャビスパ360とキャビスパRFコアの違いは
2つあることがわかりました。

  • RF機能

キャビスパ360の形はスティック型、
キャビスパRFコアの形はまるいフォルム、

それぞれの機種を比べるとどちらも同じように顔と体のボディケアに使えます。

ですが形で比べるとケアしやすい場所とケアしやにくい場所があるのではない可と思います。

例えば背中や太ももの裏側などはスティック状のキャビスパ360のほうが
ケアしやすいと思います。

キャビスパ360は人間工学に基づいた形で作られているので
まる身をおびた女性の体にフィットしやすく
手の届きにくい部分でもお手入れしやすいキャビテーションです。

>>ヤーマンのキャビスパシリーズのページはこちら
>>キャビスパ360は顔だけじゃない全身丸ごと健康美?

キャビスパ360とキャビスパRFコアを比較、それぞれのメリット、デメリットは・・・

では次にそれぞれの使い方についてメリット、デメリットについてみていきましう。

キャビスパ360とキャビスパRFコアのメリットデメリットは?

●キャビスパ360のメリット
・ステック型で手の届きにくい背中や太ももの裏などもケアできる
・スライドドレナージュで硬くなった筋膜にもアプローチします。

●キャビスパ360のデメリット
・ラジオ派がついていない
・バストには使用できない

●キャビスパRFコアのメリット
・小さくて握りやすい
・ラジオ波がついているから美肌にも最適
・バストケアはできない

●キャビスパRFコアのデメリット
・背中や肩など手の届きにくいところのケアが難しい

それぞれにメリットデメリットがあることがわかりました。

キャビスパ360はスティック状のため手の届きにくい背中や太ももの裏側などの
ケアにも使いやすいと思います。

ですがキャビスパRFコアは手が届かないところは自分でケアする事は
難しそうですね。

だれかに手伝ってもらう必要がありそうです。

そしてどちらもできないことはバストのケアです。

バストのケアができるキャビテーション
通販限定モデルのキャビスパRFコアEXです。

キャビスパRFコアEXについては別のサイトに
まとめていますので気になる方は参考にしてみて下さい

>>キャビスパRFコアEXの使い方、バストを正しい位置へ持ち上げるバストモードとは?


キャビスパ360とキャビスパRFコアについて比較をしてみました。

どちらの機種もケアできる部位はほぼ同じだという事が分かりました

ただ機種の形からケアしやすい部位とケアしやすい場所があると思います。

またラジオ波が付いているものは美肌ケアにも役立つと思います。

引き締めたい部分、重点的にケアしたい部分がわかれば
自分に最適な機種がどれなのか選べそうですね。

よかったら参考にして見てください。

>>ヤーマンのキャビスパシリーズのページはこちら
>>キャビスパ360は顔だけじゃない全身丸ごと健康美?

このページではサイト訪問者の方々が格安価格で通販や申し込みが出来るように楽天などの販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるか、無料、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイント、値引き、返金、返品保証、保証などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使用方法、選び方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、結果、成果、メリット、デメリットなど、人気ランキング形式などで比較していきます。ヤフオク、在庫、在庫有り、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、動画、NAVERまとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していきます。